« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

喜びの舞?

最近何でも興味を持つ我が息子。今日も買い物袋の中に手を突っ込み、買ったばかりのバナナを皮ごと食おうとしてました。流石に皮ごとはまずいので取り上げたら泣き出しました。困った私は父の言葉をふと思い出しました。

「おい、キュウリでもねぶらせとけ!」

私の弟(8歳離れ)の時もウチの息子連れてった時も、ぐずると父は必ずこう言うのです。まあおしゃぶりの変わりにという意味で言ってるんでしょう。

試しにまるまる1本渡してみることにしました。水洗いして持たすとピタリと泣き止みました。おお、食べ物と認識した?と思うなりパクリ。…まあ、いいか泣き止んだら。

ゆっくりゆっくりかんで食べていくんですが、何故か尻を中心にくるくる回転しながら食べるのです。しかも嬉しそうに。…何なんだこの行動?あんまりにも間抜けでかわいくて笑いが止まりませんでした。デジカメ(多少動画も撮れる)にとっとくの忘れるほど笑いました…。

育児って楽しいですよ(何か間違ってないか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.30

これこそデータベース!(?)

週刊ココログガイドで紹介されてたココログです。

テレフォンショッキング

久々に感動しました。いいですね、こういう淡々とした、とある他人にとっちゃどうでもいい情報の蓄積というのは。ワタクシ大好きです。

カテゴリーで好きな芸能人はいつ出たのかチェックするもよし、自分の誕生日にゲストが誰が来たのかチェックするもよし、明日は誰なのか番組は見ないけど気になるのでチェックするもよし。お好きな方は御活用を是非。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.08.27

芋虫ごろごろ

もうじき息子が生後11ヶ月を迎えます。

最近やたら寝返りを打つんですが、寝付く際にゴロゴロゴロゴロ、部屋の端から端まで転がっていきます。時々壁にぶつかって目を覚まします。おマヌけでちょっとかわいいです。

そして時々寝言を言います。乳幼児の言葉なので当然何を言ってるのかわかりませんが、この頃から寝言って言うもんなんですね。少し驚きです。

あとは夜鳴きさえ無くなってくれれば…ここ半年ずっとこればっかり言ってる気がします。いや、言ってるんだろうな(確認はしないでおこう)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.08.26

ネタ作り確信犯

今回私の実家に帰省した時の話である。実家の家族構成は、父・母・兄・私・弟なのだが、子供は全員独立しており、滅多に5人揃う事がそうない。今回は数時間だけ珍しく5人全員が揃った(正確に言うと旦那と息子もいたので7人もいたんだが)。弟が仕事で韓国に行ったんだが、その土産話を聞くことに。

彼は向こうの入国審査を通る際、書類をカタカナで書いたそうだ(もうこの時点で「お前ネタ作りに行ってるやろう」と思ったが)。何をどう書いていいのか分からなかったので、上司に言われたとおりに書いたそうだが、目的に「サイトシーイング」(当然カタカナ)と書いたらしい。

当然審査官に突っ込まれる弟。以下彼からの伝聞のやり取りである。

審査官「君は何のためにここに来たのだ」
弟「ビジネスだ」
審査官「ここにサイトシーイングって書いてるじゃないか」(カタカナ読めたのか?)
弟「ああ、それは間違ったんだ」
(あからさまに怪しいアジア人だよな、これでは)
審査官「一体何の仕事でやってきたんだ」
弟「キティちゃんのミュージカルの手伝いだ」
審査官「キティちゃんとは誰だ?

ココで私と兄はツボに入ってしまい、ここから先のやり取りはよく覚えてない。上司が助けに来て何とかなったとか言ってたような。それにしても、何の下調べもせずに海外に行ける弟のいい加減さ…もとい度胸には感服する。

皆さんは入国審査官に迷惑をかけるのはやめましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.25

女子バレー日本対中国私見

いい時間帯に放映してくれたのでたまたま見ることが出来たんだけど。

試合はセットで見たら3-0、でもどれも20-25とか割と接戦で負けたので次に繋がるんじゃないかとかTVでは言ってたんだけど。

しかし、この試合で私は2つほど気になったことがある。

まず1つ。試合開始直後、中国にはかなり余裕が見えた。点を取られても笑ってた。「格下相手だし」というような(かなりの偏見で言うと)王者の余裕っぽいようにも見える態度がちらほらだった。しかし、2セット目だったかな?出だし日本が中国を少しリードしたところの作戦タイムだったと思う。監督の表情がごっつい厳しかった。それから選手全員の顔つきがガラリと変わった。最終セットの終わりあたりまでは笑顔なんてそう見られなくなったと思う。漫画で言うと「俺を本気にさせたな」みたいな感じか?(変な比喩はやめて下さい)

これを「中国を本気にさせるところまでいった日本の実力はかなりのものだ」、もしくは「本気の中国と互角に戦えた日本は強くなった」ととらえるか、「本気じゃないところでセットが取れなかったのはどうか」ととらえるかは人それぞれだと思うが、私はどちらかと言うと後者だったりする。

#私は現段階ではアンチ日本女子バレーチームである(ごめんなさい)。試合も中国びいきで観戦。

あと1つ。作戦タイムはよくCMに入るからあんまりキチンとは見てないんだけど。でも少しの間だけでも見た限り。日本は作戦タイムの時、水分補給やら汗ふいたりふいてもらったりとか、各自が自分のコンディションを整える時間に費やしてるような感じ(ここ数年はずっとそんな感じだと記憶してる)。監督が何か言うてても聞こえてるのか聞こえてないのか全然定かじゃない。終わったら急に選手全員がまとまって掛け声かけて試合に向かう。

一方中国チーム。監督が指示を出す。全員真剣な顔でそれを聴き入っている。水分補給や汗を拭く事はあまりしている人はいない。時々水を飲んでる人はいたが、それでも顔は作戦会議の方だ。そんで掛け声かけて試合に向かっていった。

今時精神論?って言われるかもだけど、でもあたしはこの辺が今回の点数差だと思えてならなかったのですわ。あくまで個人的な意見ですよ~あしからず。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.24

即決はどうかと

昔の日記にも書いたかもしれないんだが。

週末とあるTV番組で、大阪人と東京人の比較をやっていた。で、この手の番組で必ず出てくるのが、信号機のフライング。東京人は歩行者信号を守るが、大阪人は青から赤に変わっても、または赤から青に変わるかなり前からフライングして渡るという傾向だ。

確かにそうだから否定しないんだが、でも私はこれは別に県民性だけに限られたもんでもないと思うのだ。何度か東京にも行ったし、関東にも住んでる大阪人として一言言いたい。

別に東京人は信号を守る体質なのではない、あそこは車が強いだけの話だ。

東京では大阪に比べて、赤信号になるタイミングに渡ってくる車が多いように思う。フライングすると、歩行者の方が危ない。逆に大阪は、人間がフライングするので、大通りではフライングしない。おばちゃんなんか引きそうになった日は、フライングした方がタイムロスになるのをよく知ってるからだと個人的には考えてる。

現に東京では、すっごい人のたくさんいるとこ(渋谷とか)は人間も車もフライングしていた。すごく交通インフラが悪く思えた。他の場所でも、交通法規を守る車と判断するや否や、横断歩道をフライングする人がぼちぼちいたし(その人達が大阪人だったという可能性も否めないが)。

県民性がブームになってるから割と「○○県民はこういう傾向にある」という偏見が産まれてきてると思うんだが、あんまり一面性だけをTVなどで流して欲しくないなあと思う今日この頃である。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.08.23

毎日毎日嫌になっちゃうよ

最近、毎日毎日「ウイルス遮断メールのお知らせ」が来る。1日に3-4回はやってくるのだ。しかも、何でか2通づつ送ってくるのである。

自動的に不特定多数に送ってるのか、私を特定したネチネチ攻撃なのかはよくわからないのだが、幸か不幸か今自分が使用しているパソコンがぶっ壊れているため、メーラーを使用していない。まあ、メーラー使ってたって、届く前に届かないからはっきり言って無駄なんだけどさ。それにしても何なんだか。

この件があるまで、ウィルスなんてホントに無縁だった為煩わしい事この上ない。まあ、メール消すだけで実害が無いからいいっちゃいいんだけどね。

何かボヤキで申し訳ない。たまには愚痴りたくなる日もあるっちゅーことで。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

2004.08.20

短命商品

親元を離れてこの方ずっと困っている事がある。それはシャンプーとリンスである。

実家にいた頃は別にこだわりは無かった。親が好みや安さで買ったものをそのまま使っていたからだ。

一人暮らしするとまあ否が応でも選ばないといけない。近所の薬屋で安売りしていた、動物さんのメーカー(笑)のシャンプーリンスを買ったのだが、今までで一番これが気に入っている。とにかく凄い泡が出るのだ。この泡がたまらなく心地いい。切れは悪いほうではないが、洗い流すのは確かに大変だった。で、リンスで整えると結構ツヤツヤになってくれる。私は髪を染めない人なので、これを大変重宝していた。

近所の薬屋は定期的に大安売りしてくれた。ボトル1本が298円と超下落していた時もあって、その際は買い込んだっけな。ところが、ある日ぱったり姿を消した。最初は売り切れたのかと思ったのだが、ある日それが違うことに気づいた。その作っているメーカーの提供番組、ゲストがあたり目を出すと商品をあげるのだが、それまで入っていた、私の愛用していたシャンプーとリンスが姿を消していたのだ。…わあ、出荷停止かよ!

それからは愛用品を模索する日々が続いた。昔使っていたものや親が薦めてくれたもの、ポストに提供品で入っていたもの、何でも試した。だが、どうしてもどれもしっくりいかない。数年探していたと思う。

ようやく最近昔使ってたのに近くて気に入った商品が出てきた。旦那曰く「外国だと放送できないCMだ」とのたまう代物だ。CMがアレだが、私は大変気に入っている。私にとっては、CM中の謳い文句は嘘じゃなかったし。とにかく洗いあがりの匂いがたまらん。私は香水はダメだがハーブは好きなのだ。

しかし、旦那とも懸念してるんだが、どうも短命種の匂いがしてならない。お願いだから、もうしばらく売っていて欲しい。もうシャンプーリンスで振り回されるのはたまらんよ…。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2004.08.19

禍根は残るのか

そういう思わせぶりなタイトルはどうかと。

私は物心付いた際から甘いものはあまり得意ではなかった。特に餡子がダメだった。子供の頃祖母に連れて行ってもらった甘味処で、みたらし団子しか食えなかったのをよく覚えている(今ではみたらしはよほど旨いものしか食えない)。

#どうでもいい事だが、実兄は反して餡子大好き人間である。ぜんざいなんて軽く2杯は食える(私から見て)ツワモノだ。高校時代、通学路に甘味処があっていつも寄りたかったそうなのだが、近所の女子高の女子がたむろしてるので入るには入れなかったというピュア(?)な過去の持ち主でもある。

餡子がダメ、と言うと昔は必ず「女の子なのにどうして?」とよく言われた。男だろーが女だろーがダメなもんはダメなんじゃ!

でもどうしてダメなんだろう?と思ったことは無いが(何だソラ)、こないだ実家に帰省した際、母が明かしたこんな過去があった。

私はなかなか乳離れしなかったそうである。乳首の周りにからしを塗ってもダメ、わさびを塗ってもダメだったそうだ。ねぶって怒って再トライしてまた怒って、結局はぬぶりきってまた飲んでしまったらしい。ほとほと困った母は、試しに餡子を塗ってみたそうだ。すると、あれほどしつこかった私が見事に断乳してしまったそうな。

その際に餡子がダメになったのか、先天的に餡子が受け付けなかったのか(後者っぽいと思うが)よく分からないが、そんな頃から餡子がダメだったとは思わなかった。ちなみに今でも得意ではない。饅頭1個の餡子を食べるので精一杯だ。ぜんざいは一生食べられないと思う。

他にもこういう幼い時の体験が後々まで引きずられてしまうエピソードはあと2つあるんだが、それは別の機会にしておこう。とにかく、息子が断乳しなかったら、私も餡子作戦を試してみようと思う。

…でも旦那って全く好き嫌い無いからなあ。どうなることやら。

##多分たっぷりの砂糖の甘さがダメなんだと思う。昔の甘ったるい生クリームって食べられなかったし。砂糖控えめの甘いものは大好きなんだけどなあ。チョコレートはビター派です。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.08.18

こんな息子がわからない

息子があと1ヶ月とちょっとで1歳を迎えます。多少の病気はしたけど何とか無事に1年過ぎてヨカッタです。早いような短いような。

無事ハイハイも始めつかまり立ちもするようになり、順調に育っている様子。しかし、たいしたことではないのですが、1つ気になることがあるのです。

なんかの拍子に突然「ブルッ」とするんですね。最初はおしっこが出た時になるのかと思ったらそうでもないみたいで。本人も意識してやってるわけでなく、ブルッとした拍子に自分でビックリしてるのがちょっと面白かったり。これって何なんだろう?もうじき11ヶ月検診なので、その際聞いてみようと思います。

で、困っているのが1つ。立つのが嬉しいのはわかるんだけど、立ち食いするのはやめて頂きたいところです。立ち飲みなんて大人になったら何ぼでも出来るんだから(違)、今くらいは座ろうよう頼むから。

こんな苦労も思い出になる日が来るんでしょうねえ。今はもうイッパイイッパイですが。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.08.17

ごりんちゅう

素直に書けよって気もしますが。

今アテネオリンピックまっさかり(日本語が変です)ですね。ウチは熱狂もせず、かと言って「金メダル」という話題が出ると「よかったねー」と思う、まーホントに無難に楽しんでおります。でもスポーツ好き以外ってこんな感じなんじゃないんですか?(誰に問いかけてるの?)

とは言え気にならない競技が無いわけではありません。私は女子バレーが気になってます。…は?やなぎもとじゃぱん??何をおっしゃりますか、私が気になるのはキューバチームです。

女子バレーキューバの応援は割りと年季入ってるんですよ?熱狂的ではありませんが。私が中学生の時、たんまたまTVで放映していた(関テレでバボちゃんがいたのはよく覚えてる)中国-キューバ戦を見た際、あの驚異的なジャンプ力を見て惚れました。それ以来、女子バレーはキューバ一筋です。

大体ここ十数年の日本女子バレーチームの方針は個人的に好かんのですよ。世界と対抗するためにパワー重視になってしまうのはわからいでもありません。だけど、バレーってのは、解説者なんかもよく言ってると思うけど、「波」のスポーツでもあるのです。ラリーが続く時に得点が入る入らないで大きく差が出ます。バレーの基本は派手なアタックでも強固なブロックでもない、「拾うこと」だと思うのです。うっかりそういう事を言うと「東洋の魔女時代の幻影が今でも通用するわけねえ」と反論されると思うのですが、私個人の考えなんで、できればほっといて下さい。

だけどその対極にあるようなキューバチームがなんで好きなんだ?とツッコまれそうですが、それとこれとは話が別なのです(わがままやな)。とにかく、バネが凄い!飛んだ後の滞空時間が凄い!そして個人的にはその姿が美しく見えるのですよ。どのチームとも別格です、個人的には。私が中学・高校時代に現役だった選手(ルイスさんとかカルバハルさんとか)が凄かったんですが、今はチームは作り直してるような状態っぽいですね。今エースが育ちつつあるみたいなので、期待して見てます。

そうそう、あとどうしても気に入らないのが「ホームでの」日本バレーの応援団。特にここ数年。フジがナニやら某団体をナニしてからはもっと気に入らなくなりました。これほどモロ判官びいきが出てる応援も珍しいんじゃないでしょうか。サッカーも近い気がしますが、バレーに比べたらまだマシかな。あれほど相手を称えない酷い応援は、自国の恥にしか思えません。アウェイにかなり弱い原因の一因になってる気もします。ホームでもかなり邪魔になってると思いますが。

どんどん話がそれていくので、とにかく頑張れ女子キューババレーチーム!異国の島国から応援してます。あー、あとシンクロはどうにかして欲しいなー!審判のロシアびいきを何とかしてくれ!!今回こそ公正に願います!!

| | Comments (9) | TrackBack (1)

2004.08.16

で・かるちゃー(トラバ野郎)

…マニアなタイトルは放置願います。無事帰省から帰宅しましたココログ主、京國です。帰省の色々はまた後日に思い出してボチボチ書くことにして。あ、別の日記に書きましたがドラムゲームは狂ったようにやってきました。楽しかったです。

で、カルチャーギャップということなのですが、まあ関東に住む関西人にとっては直前記事のたこ焼きの事とか、恵方巻きの事(節分に巻き寿司食う習慣、関東に来て初めて関西ローカルと知りました。今はコンビニなどのおかげで全国区になりつつありますが)とか色々あるんですが、まあ、ありがちですね。

では恥を忍んで新婚旅行で行った英国でのカルチャーギャップというか情けの無い体験談などをしたいと思います。この話は私自らがするより、旦那が語ったほうが面白いと思うんですけどね。

何度か外国旅行(仕事でだが)の体験のある旦那は、それまで全く無かった私に、店の物を買う役目を負わせることにしていました。多分旦那なりの親心(?)なんでしょうが、私にとっては勘弁してくれよと泣きそうでありました。

数回行って少し慣れてきた時の事です。小腹が空いたのでアイスクリームを食べる事にしました。旦那は相変わらず後ろから見守る体制です。仕方が無いので一人で店員の元へ。日本では多分どっちから頼んでもいいはずなんで、私は何も考えずにこう言いました。

「わんすくーぷぷりーず?」

店員のおねえさん、かなり困惑した顔をしてました。何やら私に訴えるのですが、何を言ってるのか私にはわかりません。おかしいな、2つ乗せるんじゃなくて1つだよ、って言ってるのに発音悪かったの?すると焦って旦那がやってきてこう言いました。

「フレーバーって言ってるだろ?まず味から言うんだよ!」

…そんなの知らないもんさ…だったら旦那が頼んでくれればいいじゃないかー!と心の中でボヤキつつ、味を指定して無事購入は完了しました。私はともかく、店員のおねえさんがかなりカルチャーギャップを覚えたと思います。「東洋人は味なんてどうでもいいのか!?」とか考えたかもしれません。

まあ、何事も体験なんでしょうけど、恥をかくのが自分だけならともかく、店員さんを巻き込むのはどうかと自分でも思いました。ハイ。

ちなみに、この後旦那がトイレに行ったので一人道で待ちぼうけしてたんですが、私を見る人のほとんどが微笑ましいものを見る目で通り過ぎるのです。その際は「あー東洋人って西欧人から見たら幼く見えるもんなあ」と思っていたのですが…よくよく考えてみたら

・身長153センチメートル、化粧無し
・格好はスーツとかええもん着ておらずに、タイとかにありそうなゆったり系のシャツとスカート
・道端でアイスクリームを旨そうに食っている

…これでは一見大人に見えるわけありません。勝手に土地柄のギャップと思い込んでた自分のあったかい脳みそも少しどうかと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.08.10

帰省します

これから急いで荷物まとめて夜逃げ、じゃなく帰省します。急いでるのでコメント放置ですいません。ぱあろくさん、たこ焼きにコメントありがとうございます。

土曜昼すぎくらいにロフトのそばのゲセンの中のドラムゲームで狂ったように遊んできます。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.08.06

私的たこ焼き論

先日謎の体調不良になりました。無事回復できて良かったです。あまりの気持ち悪さに「死ぬかも」と思いました。ホントの「死ぬかも」はこんなんじゃ済まないんだろうけど…。そんなわけで先日のブログはお休みでした。

で、ずっと前から書こうと思って書きそびれてた事を書きます。それはたこ焼きについてです。一応前置きしますが、20数年大阪に住み現在神奈川に済む一個人の意見であり、別に「絶対こう」と言ってる訳ではありませんので、悪しからず。単なる独り言です。

私は関東に来て困ったことがある。近所にたこ焼き屋が無い事だ。地元にはちょっとチャリを走らせればたこ焼き屋なんてそこらにある(旨い不味いはさておき)。小腹が空いたらたこ焼き、ご飯にたこ焼き、家族でたこ焼き器で大量に作ってたこ焼き、なんてのがもう日常に溶け込んで当たり前になっていたのだ。

それが関東には無い。お好み焼きやもそうなんだが、たこ焼き屋なんて神奈川西部山側では車を走らせないと無い。しかも郊外型商業施設くらいにしかないのだ。個人商店なんて滅多にお目にかからない。せいぜい時々駅前で車後部座席の屋台が出てるくらいだ。しかもいかにも…なやつ。とても買う気にはなれない。

時々食べたくなって仕方なく買うのだが、この商業施設にあるたこ焼きがまた問題だ。私から言わせれば、あんなもんはたこ焼きではない、「たこ揚げ」だ。いつ誰が言い出したのかは忘れたが、「外はカリッと、中はとろが美味しい」のが流行らしい。確かに不味くは無い。しかし私はこの手のやつ、冷めたら不味いのしか食ったことは無い。作り置きしているやつを出された日にはもう泣きたくなる。途中で「もう結構です」と言えない小心者の自分が情けなくなる。

大阪のたこ焼きは『私が住んでた場所で見た限りの話だが』あんなたこ焼きは無い(あるとこにはあるんかも)。基本的にたこ焼きの外側もやわらかい。当然中もとろっとやわらかいが、中身がはみ出ることは無い。それがたこ焼きなのだ。別に外をカリカリにあげる必要なんて無いはずなんだ。そして重要なのが、冷めてもまずくないのだ。食えるのだ。猫舌にも優しい、それが大阪のたこ焼きだと私は強く思っている。

あと、観光客がよく行く店があって、そこのたこ焼きは旨いと思われるだろう。私も一度ネッ友さんを連れて行った。確かに旨かった。それは否定しない。だが、あの店は原価が高い。そして材料のどれもエエもんを選んでいるはずだ。だから旨くて当たり前なのだ。

しかし大阪のたこ焼きは庶民の味こそが醍醐味だと思っている。有名どこのたこ焼きより、私は商店街のたこ焼きを食ってみることをオススメしたい。あんまりマイナーな商店街だと当たり外れもあるが、基本的にはそう不味くは無いはずだ。

#少し前ある番組の増刊号(笑)で、某吉本芸人とレギュラーメンバーがそれを物語るようなシーンが流れて嬉しかった。某吉本芸人、有名店のたこ焼きの時(編集でカットされたのかもしれないが)何もコメントしてなかったもんな(笑)。他の人みんな「うまいうまい」言うてるのに。で、自分のオススメの店のたこ焼きが来た時はやっぱり「うまい」いうてた。自分の中でちょっと好感度が上がったよ(何だソレ)。

ああ、大阪のたこ焼きが食べたい。盆は絶対帰省するぞ。旦那覚悟しておけ(何のだ)。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.08.04

HDDレコーダーって

現在ウチで欲しくて買えないモノナンバー1はHDDレコーダーだ。最近夜中に見たいTV番組があり、旦那のS-VHS(だっけ?)デッキが大活躍している。

とは言えいちいちGコード入力したり(野球があったら時間修正しなきゃいけないのがまた面倒)、テープの巻き戻り等を確認するのがまた面倒。そういう時に欲しくなるのだ。

今日旦那とHDDレコーダーの話をした。

旦那「だいたいHDDの寿命ってさ、もって3年じゃん」
私「まあパソコンのがそうだもんねえ」
旦那「でさ、最近この業界って進歩がめざましいやろ」
私「うん」
旦那「100GBのHDDなんて、3年経ったら(用量が小さすぎて)作ってない可能性だってあるわけよ」
私「あー、あり得るね」
旦那「その辺のフォローはどーすんだろって思うのさ」

パソコンは修理すれば何とか3年以上は使えるけど、HDDレコーダーはどうなるんだろう。こんなすっごい先のことなんて鬼が笑い転げるんだろうけど、確かにちょっと懸念はしておきたい問題かもしれない。

だからHDDレコーダーの購入は見送っているのだ。…勿論、そんなに浮いてるお金が無いのも言うまでも無いんだが。

#「HDDレコーダーが20万前後する」という風に書いてましたが、調べたら安いのがいっぱいあったのでそのあたりの文を削除しました。あしからず。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.08.03

こんなこと…(トラバ野郎)

じゃなくて、あったらいいな、こんな競技という事で。

私、睡眠に落ちる速度が異様に速いのです。幼い時はたっぷりまどろんでから眠ったのに、結婚してからこの方、まどろむ事がほとんどありません。横になったらカットアウトで眠りに就きます。何か病気っぽくってヤバそうなんですが、怖くて調べてません。

もとい、昔読んだ「ドラえもん」でのび太がそんな競技を作ったような記憶があるんですが、『早寝競争』ってできないかしら。私のび太と争える自信あります(やな自信だな)。

今ならワールド☆レコーズあたりでやってくれそうな気がしないでもない。でも判定ってどうするんだ?アルファー派が出た人の勝ちとか…何か面白そう(そうか?)。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

2004.08.02

上手な寝方?

もうじき10ヶ月になる息子を持つ私は、この半年以上4時間以上連続で寝たことはありません。夜中の0~2時の間に必ず息子が乳を要求して泣き、明け方5~7時に目を覚まして這い回るからです。

当然昼寝させていると自分も寝てしまうことがままあるのですが、これが起きるのが辛い。どうしてもうまく目を覚ますことができません。先ほども乳をやりながら寝てしまったのですが、息子が紙おむつの袋をひっくり返している所で起きてしまいました。どうも深い眠りのところを起こされたらしく、体の節々、特に肩が非常に疲れを持ってます。

上手に覚醒できる方法って無いですかねえ。ちょっと切実です。我慢するしかないんやろか。

| | Comments (1208) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »