« October 2004 | Main | December 2004 »

2004.11.30

世間様とは随分遅れて…

今日初めて新札の千円札が私の財布にやってきました。折り目が付いてて、「あーもうすでに色々な人の手(2人かもだけど)に渡ってるんだねー」などと考えてみたり。

いつ旧札を手元に取っておこうか、しょーもないことで悩んでます。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.11.29

やっぱり別物だなー

自分は漫画原作のアニメはもう漫画と同一視しないことにしている。…だので別に書かなくてもいいんだろうが、それでも何だか腹立たしいので書いちゃうよ(結局同一視してるんじゃないの?)。

今放映しているブラックジャック。何で今更感が強かったんだがとりあえず見ている。が…どうにも私にはしっくりこない。

まず何はともあれピノコですよ。だいたい忙しい時間なので聞きこぼしがあるに違いないのだが、自分が見ている範囲では「ちぇんちぇーの奥さん」発言は何度かしているものの、「あたち18(20だったか?)ちゃい」と自分の年齢を発言しているシーンが全くなかったように思える。スペシャルで放映してた時から気になっていたんだが、ピノコの生い立ちについては一切触れない方針で行くんだろうか?まあ今の御時世ではやりにくい内容だったと記憶してはいるが…それにしてもこれではピノコは「ただのウザい女の子」で悲しい。原作ではもう少し大人っぽかった気がするんだがなあ。確かブラックジャックに電話で指示されて手術するエピソードとかあったような気がするんだ。今のままの内容で行くと、このエピソードやるならかなりウソクサくなりそうでやだな。やらないだろうけど。

#私はブラックジャックは物心ついて初めて読んだ漫画であり(親の本棚からの盗み読み)、それ以来まともに読んでないので記憶の改竄があるかもしれません。

あとみょーにブラックジャック若くない?見た目だけ??エンディングの先生なんて少年に見えないこともないんですが…若返り手術したんでしょうか(苦笑)。

最後に手術時のあの過剰な演出はどうかと。白衣をまるで変身するかの如く着用したり(しかもBGMが妙に盛り上げ調)、メスがスローモーションになったり…いやそりゃあね、天才外科医であることをアピールしたいんだろうけど、(今まで私が見たエピソードだけでは(見こぼしあり))そこは盛り上げどころじゃないだろう、と。手術シーンより他に見所があって、確かに盛り上がってるんだろうけど、そこはそう盛り上げなくてもいいだろう、と。今日見た話もジーンときて涙が出そうだったけど、手術のくだりに来て過剰な演出見て笑っちゃって涙が引っ込んじゃったよ。

天国の手塚先生はなんとなーく「ああもう俺がやる」と言ってる気がしてならないのは私だけですかね。

原作好きな人間はまあ二言三言出そうだな、と思うんですが、私はここでぶちまけたからあとはもう割り切ってみる事にします。…そーいやー新しくやってたサイボーグ009も色々と(終われ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.26

おもちゃ

今日、地域の育児コミュニティに参加して、子供の遊び場がある集会所みたいな所に行った。玩具がいっぱいあって、皆それぞれに遊んでいた。ウチの息子も最初は手押し車とかブロックとかに夢中になっていて、そーゆー玩具があった方がいいのかなあとか思っていたのだが…。

終盤はその集会所にあったテレビとその下にあったビデオデッキにちょっかいばかりかけていた。…こんな時なんだからもっとおもちゃで遊べよ…(汗)。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.11.25

和訳のセンスって

昔友人と会話していた時に、バンド名まで思いっきり和訳されてて笑ったと言う話を唐突に思い出したのだが、どうしてこうも珍妙な和訳が世に多いのだろう。ちなみにその和訳バンド名は「鋼鉄の処女」。どのバンドかはもう言うまでもあるまい。

そういやフラッシュダンスだったか、その映画に似せた映画だったかはど忘れこいだが、その映画が好きな人と話をしていた際、やっぱり和訳で笑ったと言う話をした。英語でとある人を「chicken」と馬鹿にするシーンがあったそうだ。まあ当然「腰抜けが」とか「臆病者」とかそういう意図で言ってるのは明らかなんだが、その下の字幕には「このニワトリ野郎!」と出て脱力したそうである。…マンマやん!

もうじき「みすたーいんくれでぃぶる」なる映画が公開されるそうだが、私はこの宣伝を見た瞬間、真っ先に思い出したのが「宇宙忍者ゴームズ」だった。独身時代ケーブルテレビで放映されていたので見ていたのだが、とにかくこれも色々な意味で和訳が凄かった。敵が何で名古屋弁で喋っていたのか未だに謎だ。しかし何より、原題「FANTASTIC FOUR」がそういう絶句するようなタイトルに化けたのかが気になる。まあ、ゴームズの方はわからいでもないんだが(主人公がゴム人間だから)、何故「宇宙忍者」…。

検索していたらこんな記事が出てきました。
映画「ファンタスティック・フォー」出演者に「ダーク・エンジェル」のジェシカ ・アルバが最有力候補(AXNニュース)
映画化なんですね…どう映像化するんでしょう、アレを。ちゃんと「大丈夫だ、放射能の仕業だ」(せいだ、だったかな?)と言ってくれるんでしょうかね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.24

激ヤセ

子供を産んでこの方、体重が減りました。

子供産んだら太る人が多いと思うし、その理由も凄く分かるし、自分もそうなるかと思いきや、予想の真逆になりました。大人になってからかつてないくらい痩せています。身長の-110の体重だなんて大人になってから初体験です。

体脂肪も17%代だったりします。もう少しあった方がいいですよ、と看護婦さんにアドバイスされてしまいました。

…でも血液にコレステロールが若干多いって健康診断の結果に出たんだよなあああ。悔しい。体重と血中コレステロールってあんまり関係ないんですね…。

| | Comments (13) | TrackBack (1)

2004.11.22

4つ足から2足歩行へ

息子がよーやく立って2、3歩歩くようになってくれました。でも移動はやっぱりもっぱら尻プリプリでハイハイなんですが。

今日公園で出会った、息子より1ヶ月年上(?)の子供(そのお母さんと少し会話したので歳が判明している)が立派に二足歩行してるのを見て少しショックだったのは内緒。こういう事は極端で無い限り早い遅いじゃなく個性なのは頭ではわかってるんだけどなー。

でも階段上るスピードは異様に速いです。そういう事は出来るのに何故歩かないのだ…謎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.20

人生そんなもんだ

今日、住んでるマンションで配水管の掃除が行われた。各戸に係員がやってきて掃除される、毎年恒例の行事である。

流し台の下の戸棚に物があると迷惑なのは去年体験済みだったので、今年こそは手間かけさせないぞと気合を入れて物を片付けた。さあ準備は整った、いつでもドンときやがれ!

…今年は何故か戸棚を開けて掃除しなかった。エー!?私の努力は一体…つか出来るなら最初から言ってくれ(涙)。

まあちょっと早い大掃除をしたと思えばいいんだが…悔しいのは何故だろう(汗)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.11.19

チリも積もれば…

処分しそこない続けた月刊誌が、遂に4?5??周年を突破しました。気が付けば恐ろしいくらい部屋を圧迫してます。

誰かサンデーGXに興味ある人いませんか。創刊号から全部あるのですがどうしたらいいんでしょう(笑)。ホントそろそろ本腰入れてネットオークション始めるべきなんでしょうか。今度実写映画になるという漫画の外伝の付録誌、ネットオークションで雑誌の10倍くらいの値段で取引されてるの見て腰抜けました。普通の保存状態でウチにあるんだけど…でもネットオークションって下準備と実績積むのが大変と聞いて面倒くさがりの私は早速腰が引けてたり。

実益を取るか面倒くさいという怠惰を取るか。悩ましいなあといってるうちにやっぱり日は過ぎていくわけで。ダメだこりゃ。いい加減この状態を脱出せねば…売るか捨てるか悩ましいです。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2004.11.18

まあ人それぞれだとは思うが

今日旦那を会社まで車で送ってた時の事。

右側から歩行者が横断歩道で止まっていた。接近する私の車を見たかららしい。私の後ろに車は無かった。スピードもそれほど出てなかったので、私は横断歩道の手前で止まり、歩行者を先に渡らせた。歩行者は恐縮気味に小走りで渡って行った。

その後の夫婦の会話。

旦那「いやあ、今のって止まらずに行った方が良かったんじゃないの?」
私「でも歩行者が優先でしょー」
旦那「俺教習の時、右側に歩行者がいて止まったら教官に怒られたよ。まああん時は交通量の多い道路にいて反対車線が流れていて後ろに車がいたせいもあるのはわかってるんだけど」
私「だったら別にいじゃん、今私しかいなかったんだからさー」
旦那「でも気を使ったつもりでも、歩行者の方が気を使ったんじゃないの、今のは」
私「…うーん」

まあ教科書どおりでいけば私が正解だと思う(自信無し)んですが、実際どうするのがいいんでしょうねえ。答えはエターナルに出ないものかもしれませんが(…エターナル?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.17

母は偉大である

近頃どうも自分の段取り下手が嫌で嫌で仕方なく、自分を精神的に追い詰めすぎていた。今は少し落ち着いたのでまあこうして記事にも書ける所まで回復した。

こうした事を私はどうも他人に漏らせない傾向がある。「相談したところで結局自分が行動しないと解決にはならない」という歪んだ固定観念があるせいなのだが、それで自分を追い詰めるから自業自得である。他人がそういう風だったら「相談してよ」とかいうくせにな(死)。

ともかくまあそんなこんな日々を送っていたのだが、先日私の実母から宅急便が届いた。旦那の誕生日だったので、低反発枕をプレゼントしてくれたのだ(旦那は寝つきが悪いのだが、実家に行った際母の枕を借りて寝たら寝れたらしく、そういういきさつがあった)。旦那は当然感謝感激だったのだが、その枕が入ってた箱の中から私宛に小さな袋があった。開けてみると…

「まいにちのやることリスト」

なるものが入っていた。しかもこれブタのイラストが入ってて、イラストには「これは今日やろう」「あしたでいいや」と何か凄く和み系。まあ気張らず頑張れ、みたいな感じが凄く今の私には心にずっしり来た。

母には一言も相談して無いのにこのプレゼントって…やっぱり母は凄い。一生かかっても母には追いつけない気がする。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

2004.11.16

はっぴばすでー…

旦那!というわけで旦那の(ピー)回目の誕生日です。

前々日に風邪でぶっ倒れるわ、前日に旦那に超迷惑かけるわ(内容は恥ずかしいので流石に秘す)でどうしようもない嫁だけど誕生日だけは祝うよー。

稼ぎが無いしへそくりも貯められなかった(ダメ嫁…)のでプレゼントは買えなかったけど、せめて晩御飯を得意のカレー(材料切ってルーぶっ込むだけでなく、一応それなりに手間隙かけて既製品より旨くしている…はず)にして、旦那が好きなもので揃えて、旦那が気にしていたケーキ屋でこっそりケーキを買って、さあいつでも帰って来い旦那!

メール着信「ごめん今日は会社の人と食べて帰るよ」

…いいんだ、どうせ…。まあ、会社の人達が祝ってくれるんだろうけど…けど…ウワーン(号泣)!

#とか言ってますが毎晩ネットゲーやりまくってる嫁がこんな事してると夢にも思えないだろうので自業自得なのです。ハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.12

レッツダンシング

テレビを見ている時に番組のOPとかが流れたら、息子の手や足を動かして踊らせていた。

すると最近は自分の好きな音楽(とりわけピアノ)が鳴ると両手を振って自分なりに踊るようになってきたのだ。とあるCM(ページ下の方にCMの動画?があります)では必ずハイテンションになるまで踊るのが面白い。

こういうのをビデオに撮って将来子供に見せると嫌がられるんだろうなー。うちにはビデオ無いけどね(でもデジカメでちょっとだけ動画を撮れたりする)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.11

真似できないキャンペーン…

友人のブログで知ったのだが、この企画を持ち込まれてここまでやり遂げた人、凄いと思う…。一体どの辺のユーザーを狙ったんだろ、このキャンペーン?

http://www.gamecity.ne.jp/nol/campaign/thanks.htm
→『信長の野望 Online』登録ユーザー10万人突破&<飛龍の章>発売記念イベント開催決定!

Aちゃん、私も負けませんよ(笑)。某鯖では私も必死になってるかと思います。いいよな、コシヒカリ…。

まあ多分この信長の野望Onlineって、割と学生さんが(プレイヤー人口に対して)少ないと思うのよね。だから「イケる!」と思ったんだろうけど…。

ん?まさか主婦が意外と多いのかな?あのハゲ坊主もあのヒゲ鍛冶屋もあの金髪忍者あのチョンマゲ侍も実は主婦だったら…オモロイな(笑)。あ、1人暮らし独身も見込んでるのかな?でも自炊してコシヒカリを重宝する人は少ないと思うな~。

あー!知人から奪ってでも欲しいぞ真珠米。うちの食費がかかってる!(かけるな(笑))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.10

鼻水地獄

秋から冬へのこの季節の変わり目、またもや家族全員が風邪を引いたようです。私と旦那は喉にくる風邪のようで、幸い今は喉だけが辛いのですが、息子は鼻風邪が一番ひどいようです。

ところがこの鼻風邪が厄介だった。まず息子は鼻が詰まって1~2時間おきに目を覚まし、旦那はその泣き声で目が覚め、私はある程度覚醒しないと息子に対応できない。皆が皆無間地獄状態です。

風邪は引くものではないですね…毎年季節の変わり目に常に後悔するのですが、なかなか進歩しません…。

| | Comments (47) | TrackBack (0)

2004.11.09

ハイハイの進化過程

今日公園にいる際、息子に好き放題させてみた。まだ立てないので、いつもはついつい抱っこしてあちこち遊具へ連れて行くのだ。たくさん子供がいるとこだと危ないし。

するとまあ嬉しそうにあちこち行くのだが当然全部ハイハイ。しかしそのハイハイが問題だ。ハイハイを始めた時は膝を地に付けていたのだが、最近何故か左ひざだけ立てていた。今日は大半両膝を立てて、尻をプリプリさせながらハイハイをしてたのだが…息子よ、立った方が楽なんじゃないか…?

もうココまで来れば立つのは間近だとは思うのだが…しかし、立つのが怖いのかなあ?謎だ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2004.11.08

実はまだ戦いは続いている

某Y社から、懲りずに一日一回電話がかかってくるのだが、常に電話に出たら保留音なのはどういうことだ。ムカつくので電話に出て音楽が聞こえたら電話を叩ききっている。

エエ加減にしろ某プロバイダ!アフー!!(?)

だいたいなんで電話を取った方が待たされるねん。商売のやり方を丁稚になって学んで来い!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2004.11.05

予定調和な死

現実問題の話ではなく、オタクっぽい漫画やアニメの話。

最近家にいる事が多いせいか、うっかり(?)特にアニメを見てしまう。最近のアニメって内容が無いようじゃないのを見てると…人死が多い。そしてそのほとんどが「死ななくていい命が争いによって奪われる」モノなのである。あざとく言うと、物語を盛り上げるための見え見えの死のように思える。酷いものになると、物語の主要人物が最終回に向けて次々死んでいって、生き残ったモン勝ちみたいな話もある。ある意味少林サッカーのノリだよな(謎)。面白くないだけで。

かなり自信がない(実は未見だから)んだけど、映画監督も小説もやる外国のホラーの作り手(検索に引っかかると怖いので名前は書かない)は、物語の登場人物の日常生活を時間をかけてタップリ見せて、観客がそれぞれ登場人物に感情移入したような時点で登場人物を無残に殺していく手法を取っていた、と何かのTV番組で見たように記憶している。すると観客には残虐さがより悲痛に伝わってくるのだ。

最近巷に氾濫している漫画やアニメは、この手法の模倣になっているものが多いと思う。それを上手く利用している人と、あまりにもあざとくてバレバレな人とに分かれるが、近頃はトンと後者が多い。「死」があまりにも薄っぺらく感じてしまえる。多感なお年頃だと多分こうは感じないだろうが…たくさんそういうのを見ている子供だと、私と同じ感想を持っているかもしれない。

アニメや映画や物語の創作物で、「死」によって人の心を動かそうと言うのはあまりにも安直な気がしてならない。逆に生きている登場人物によって繰り広げられる人間劇で感動を呼べるような作り手の方が、この今だと素晴らしい作り手のように思える気がする。最近そういう人間ドラマで感情を動かせるような作り手が少ない。昔あった「キャプテン」の谷口君のような感動できるような物語はないものかなあ。私当時小学生でアニメで見たんだけど、兄と私と(弟はまだ乳幼児)母親でワンワン泣きながら見ていたのを思い出す…。

#「キャプテン」の谷口君はこれと言った取り得が無い、あえて言うと努力家だけなのが取り得の野球部のキャプテンなのだが、そのあまりの頑張りっぷりに涙した人も多いはず。試合中に爪はがれるんだけどそれを皆に隠して頑張ったりするのだが、凄く盛り上げずに淡々と話が進むのでそれが返って心に来た様に記憶している。今の若者(笑)だと「スラムダ○ク」が似て非なるものかしら。アレは主人公に才能があるからね。でもあの物語もいい。弟の愛蔵書(これがきっかけでバスケやったからね、弟は(笑))で、実家に帰って弟の本棚から盗んで何度も読んで何度も同じところで感動するからね(笑)。

ま、見てる方はああだこうだ文句言うだけなんだけどね(苦笑)。実際己にそういう話が作れるのかと言われたら土下座してゴメンナサイと言うしかなかったり…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.11.04

お前の耳は日曜か!

先日の記事に某Y社から電話があったと書いているが、このホントにさっきまた某Y社から電話がかかってきた。

その内容に入る前にこんな出来事が真昼間にあった。またもやちょうど息子が昼寝で熟睡に入った際に電話が。ムカついて出てみると、何故か保留の音楽が流れてる。しばらく流れっぱなしだったのでイタ電かと思いさらにムカムカして電話を叩き切った。

そしてほんさっきの電話。出た直後また保留の音楽が流れるので、「またイタ電か、何か恨まれとんかなー」と思いつつ切ろうとしたら相手が出てきた。…あ!これ昨日の某Y社の兄ちゃんの声やんけ!!

昨日と同じ口上を始めようとしやがるので遮った。

私「すいません、先日も同じような電話がかかってきたんですけど」
某Y社「ええと、どのような内容の電話でしたか?」

先日の記事を見てもらえれば分かるが、私はすっとぼけて電話を切っている。迂闊な事は言えなかった。

私「ええっと…キャンペーンが何とか、回線が8から40だか50だかとか言ってましたけど」
某Y社「それはどちらの会社からでしたか?」
私「(ええ!?あんたがそう言ってたんちゃうんかい!)いや、ですから某Y社でしたけど?」
某Y社「おかしいですねー、今日初めて電話するはずなんですが」

…あんた先日の記憶無いんでしょうか。

某Y社「では改めて説明させていただきますが、そちらの局でADSLの増設工事が終わりましてキャンペーンを…(こんな感じの内容)」
私「(だから!それは聞いたっちゅーただろうが!!)すいません、ですからそれはもう聞きまして、主人がいないと分からないと昨日言ったんですが!」
某Y社「そうですか、それでは御主人様はいつ頃おられますでしょうか」
私「(…何人も同じ事言ってるから忘れてるのは分かるけどやっぱりムカつく!!)ですので、主人は最近忙しくて夜遅くに帰ってきますし、祝日も出勤する事が多いんです!」←これは嘘ではなく紛れも無い事実です(強調)でも実は土日は頑張ってくれて家にいる事が多いのだがその辺は言葉のあやで誤魔化しているのである
某Y社「…そうですか、それでは失礼致しました」
私、怒りのあまり乱暴に電話を切る。

前回のトラブルといい今回の電話といい…某Y社よ、サービスはええんかもしらんがもうちょっと宣伝方法とかトラブル対策とかに気合を入れてくれよ。少なくともこれでアンタんとこ乗り換える気完全に無くしたよ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

あいきゅー

去年は答え合わせの、しかも最後の方しか見られなかった。今年は頭から見る事が出来たのでやってみました、IQテスト。何個か息子に邪魔されてやりにくかった(ある意味言い訳)けど、何とか70問やり通した結果…。

IQ108でした。番組見てるとどうも平均は105-7くらいなのでほぼ平均だったわけです。ココから話が発展させられないくらい微妙な結果でした(笑)。

ちなみに
言葉→7/10
記憶→10/15
論理→10/15
数→7/10
知覚→15/20

とまあこれまた微妙…何一つ突出して無いのもこれまた個性なんですかね…。ただ、記憶ジャンルのペア記憶が5問全部正解だったのが唯一嬉しかった事ですかね。これは自信満々で全問正解だったのが自慢です(笑)。同様に自信満々で問題読み間違えて1問落とした推論なんかもあったりするんですが(爆)。あと、自信なかったけど知覚ジャンルの正解探しも5問全部正解で嬉しかったです。

途中で旦那が帰ってきて一緒に見てたんですが、最後の方で「男と女だったらどっちがIQ高いか」とか「全国でIQが最も高い都道府県は」とか比較してたんですよ。その際「こんなの意味無いって(どうしてか理由言ってたけど忘れた)」と旦那が言ってたのですが、確か全部ほとんど差が無かったので流石旦那(?)と思いました。

どっちかってーと「男はこのジャンルに強くこのジャンルに弱い」とか「この職業だとこのジャンルが強い」とか出してくれた方がよかったのになあ、と思いました。今からでも遅くない、公式ページにそういうデータ流してくれませんかねえ、テレ朝さん…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.11.02

私とした事が第2弾

別に狙ってたわけじゃないのだが…。

昨日ようやく息子を昼寝に就かせた時に電話が鳴った。もうこの時点で「誰なんじゃコラ」等とイラついてるのは言うまでも無い。

某Y社「もしもし、○○(本名)様のお宅ですか?」
私「はい、そうですけど」
某Y社「ワタクシ、某Y社の者ですけど、この度お宅の地域でADSLのサービスをパワーアップさせましたので、御紹介の電話をさせていただきました」(言葉はかなり違うがこんな内容だったと思う)
私「はあ」
某Y社「(そのパワーアップについての説明を延々)」
私「(以下の事を考えているが面倒くさくなってくる)」
某Y社「それで随分お安くなっていますので、どうでしょうか?」
私「(ここは伝家の宝刀だ!)あの、主人に聞かないと分かりませんので」←懺悔します、大嘘です
某Y社「ではご主人様はいつ頃御在宅でしょうか」
私「(しつこいやっちゃなー)最近帰りが遅くて、休日もいるかどうか分かりません…」
某Y社「わかりました、またご主人様が御在宅と思われる時にお電話いたします、では失礼します(…ガチャ)」
私「(いらんわっちゅーの)」ガチャ

勿論本当は下記のように言いたかった。

「この辺でそちらの会社がADSL開通した時にですねえ、早々に申し込ませていただいたんですよ。でもいきなりトラブルがありまして、メールで問い合わせてみたのに待てど暮らせど返事が来ないので解約させていただいたんですよ。今回は絶対にそういうことが無いと確約頂けるんでしたら考えてもいいですわよオホホホホー!」

確約なんてできっこないって分かってるんだけどね!(性格悪)もし嘘でも「できる」なんてヌカしたらきちんと名前控えたろうと思ってたんだけどなあ。そういうのが面倒くさかったし、長く喋って息子の昼寝の妨げになるのも何だので止めちゃったのだ。あー勿体無い(?)。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2004.11.01

格闘

先日家族で小東京(私の中の町田の名称)へ出向いた。

息子はベビーカーで出動したものの、マジシャンの如く大脱出。仕方なく交代で息子を抱くのだが、最近体重が約10キロなのでとにかく重い。息子は脱出したがって暴れるのでさらに疲れる。

「これは自分で歩きたいと言う意志の表れか…?」と思い靴下と靴を履かせて開放すると、4つ足で素早く這おうとする。家じゃないんだからやめてくれー!

ほんのちょっとの気分転換のつもりが、帰宅したらヘロヘロのボロ雑巾と化した両親なのであった。頼む、早く直立歩行しようよ…それはそれで目が離せなくなるのは分かってはいるんだが。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »